基本方針

協和発酵キリン株式会社(以下「協和発酵キリン」といいます。)は、株主、投資家の皆様に対し、透明性、公平性、継続性を基本に、金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則に準拠した迅速かつ正確な情報の開示を行うほか、協和発酵キリンの判断により協和発酵キリンを理解していただくために有効と思われる情報につきましても、タイムリーかつ積極的な情報開示に努めます。

開示方法

東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する重要情報の開示は、同取引所へ事前説明後、同取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)に登録し公開しています。TDnet登録後すみやかに報道機関に同一情報を提供すると共に、協和発酵キリンウェブサイト(以下「本ウェブサイト」といいます。)上にも遅滞なく同一資料を掲載いたします。

 

また、適時開示規則に該当しない情報を開示する場合も、報道機関への情報提供や本ウェブサイト上への掲載を行うなど、公平性に配慮した開示を心がけております。

業績予想および将来の予測に関する事項

協和発酵キリンは、協和発酵キリンおよび関係会社の計画・戦略などの将来の見通しに関する情報を提供する場合があります。また、メディア、説明会、各種資料、質疑応答等には将来の見通し、見解などが含まれる場合があります。何れの場合におきましても、過去または現在の事実に関するもの以外は将来の業績に関する見通しであり、その時点で入手可能な情報による判断および仮定にもとづいています。従いまして、実際の業績は、様々なリスクや不確定要素の変動および経済情勢などによってこれらと異なる結果になる場合があります。

沈黙期間

協和発酵キリンは決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までの一定期間を「沈黙期間」に設定しております。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。

 

ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく変化する見込みが出てきた場合には、開示規則に従い適宜公表することとしております。なお、沈黙期間であっても、すでに公表されている情報に関する範囲のご質問等につきましては対応いたします。

適時開示に係る宣誓書

東京証券取引所の規定により提出をしている「適時開示体制の概要」を掲載しておりますので、ご参照下さい。

2014年4月1日